トップ

病院の話を始める

病院を基礎から知ろう

病院でのクレーマーの対策方法

各種病院では、多くの患者を診ることになるので、施設によっては1日に非常に多くの患者さんの出入りが見られる場合もあります。一般的には受け付けを済ませてから診察を行い、その後は処方薬を含めて会計を行い帰宅することになりますが、人によっては納得することができずにクレーマー化してしまう方が存在していることも病院の特徴です。このようなケースでは、クレーマー対策としてマニュアルを用意しておくことも良い方法になり、冷静に対処する必要があります。他の患者さんに迷惑がかかってしまうことがないように落ち着かせることも大切になり、興奮している相手に対しては、発言を否定しない方法で対処することもおすすめです。

クレーマーという便利なことば

病院へのクレームを入れるケースというのはごく稀です。言いたくても我慢している人がほとんどです。苦情を言うのはよほどやむにやまれぬことがあった場合であって、言われて当然というケースがほぼすべてでしょう。そうした事情を考慮せず、病院側がすべてをクレーマーということばひとつで片付けてしまうのは、好ましくない事態です。何をやっても非難されないのが当然、という状況が続いてきたためでしょう。クレームを言うほうがおかしいという姿勢は、望ましくありません。それでは何の進歩もなされません。苦情を受けづらい立場であっても、苦情がきたということを重視するべきでしょう

新着情報

↑PAGE TOP